fc2ブログ
半世紀後も残る名著! 『ゼロからはじめる社会起業』 (炭谷俊樹氏)
ビジネス書を読んで、ここまで深く感動したのは初めてなので、ぜひ紹介させていただきたい。

DVC00272_convert_20110822043607.jpg


表紙には、こうある。
「コンサルタントから教育業界に転身した日本の社会起業家の先駆けが教える魂のこもったプランのつくりかた」と。
アマゾンはこちらから。


著者である炭谷氏は、マッキンゼーに10年間勤務、
帰国後、1996年、神戸に「ラーンネット・グローバルスクール」
(フリースクール)を設立。
2010年4月からは、神戸情報大学院大学の学長の要職にある。


私が炭谷氏にお会いしたのは、1999年秋。
グロービスで知り合いとなったTさん(当時国立大助教授)のご紹介で、
まだ設立間もない神戸の「ラーンネット・グローバルスクール」を見学させて
いただいた。婚約をしていた妻とともに、自分たちの将来をどうするか考えて
おり、その参考とさせていただくためであった。


炭谷氏にお会いした印象は、「なんて純粋な方なんだろう!!!」という
ものだった。才能も能力も人脈も抜群でいらっしゃる方だから、
自分のために、お金もうけをしようと思えば、いくらでも成功の道はあると
思える。しかし、日本の教育の在り方に疑問を抱かれ、「隗より始めよ」で、
ご自宅で、子供たちが将来を生き抜く力を持てるように、全身全霊を傾けられていたから、そう感じたのだと思う。



『ゼロからはじめる社会起業』の「はじめに」の中から、いくつか印象的な言葉を引用したい。

・社会起業とビジネス起業を明確に線引きする必要はなく、バランスだと思いますが、あえて「社会起業」とは何かと問われれば、「社会価値」を「経済価値」よりもより優先する活動を起こすことだと言えるでしょう。

・日本に帰ってきたときに、私が最も問題意識を感じたのが子供の教育でした。それについてマスコミをはじめとして多くの人が、文部省や学校のことを批判していました。しかし一方で、実際に解決に向けて行動を起こしている人はほとんどいない、と思いました。

・思いはあるけれど行動には移せない。プランは書いたのだけどうまく行く気がしない。立ち上げたものの拡大ができない。いろいろな状況があると思います。魂のこもったプランを書き、思いを行動・実現に移して社会起業を成功させることにお役に立てればうれしく思います。

私は、すべての人が社会起業できる能力も権利も持ち合わせていると思います。何か問題意識を感じたときに、「ちゃんとしないえらい人が悪い、私には何もできない」と思ってしまうのでなく、「私にも何かできるはず」と、思いを行動に移してもらいたいと思います。


第一章以降、上記の目的を達成するために、具体的にどうしたらよいかのアドバイスが満載である。この本の素晴らしいところは、炭谷氏の実際の起業体験をベースにして、具体的な方法論が提示されているところだと私は考える。実際に、さまざまな失敗も経て、立ち上げた方だからこそ書ける珠玉の方法論だ!

半世紀後も残る、社会起業の名著だと私は感じている。
ぜひご一読をお勧めしたい。



(蛇足)
この本を読んだことをきっかけにして、親友と、今の危機的状況にある日本をもっとよくする「行動」をしていくことに決めた。現業(会社の仕事)も大事にしながら、バランスをうまくとって、一歩一歩進めていきたい。



スポンサーサイト



[ 2011/08/22 04:58 ]

| | コメント(3) | トラックバック(0) |
| ホーム | 横浜・藤沢近辺お住まいのランナーにおススメの整形外科>>
コメント
--- 承認待ちコメント ---

このコメントは管理者の承認待ちです
* [編集] [ 2012/11/01 14:12 ]
--- 承認待ちコメント ---

このコメントは管理者の承認待ちです
* [編集] [ 2012/11/08 16:15 ]
--- 承認待ちコメント ---

このコメントは管理者の承認待ちです
* [編集] [ 2013/01/20 20:34 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://maggychu.blog135.fc2.com/tb.php/67-a5f50c0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |