fc2ブログ
箱根2→3区 8→9区 試走
今日はとてもあたたかかった。

午前中は、来年1月からのランニングメニュー作成を依頼するために、SWACビルで、大阪から出張中のOコーチと面談。
体調や仕事の状況をもとに、どのくらいの練習を行うか、を相談して決めていく。
既に2ヶ月半、コーチングをして頂いているので、短い時間で、メニューの方向性が固まっていく。
この、「一を言えば十伝わる」ような感覚、とてもありがたい。

1月末までは、特に仕事の山のため、平日1日+休日2日の週3日での強化メニューを立てて頂く予定だ。
年明けに、メニューがアップしたら、概要を紹介しようと思う。

冬の喝采


ビル近くの三省堂で、箱根駅伝をテーマにした自伝的小説「冬の喝采(上下)」(講談社文庫)を購入。
自伝的であるところに特に興味を引かれた。「ランナーズ」最新号でも紹介されている。箱根駅伝までに読了をしたい。



午後は、この前の日曜日と同様に、箱根駅伝のコースを試走。
暑いので、Tシャツだ。

箱根駅伝の交通規制の立て看板が目につく。

2区→3区、そして8区→9区(それぞれ一部)を、今日はハイスピード気味に走る。
キロ5分から上げて4分くらいまで。それでも選手より、キロ1分も遅いが、スピードを出して走ってみると、コースの特徴がよく分かる。

今日の発見は、
①3区の入りの上りは、思ったよりも急であること。
②逆に、8区の最後は下りで、快走気分で、たすきを渡せそうな感じがするということだ。(遊行寺の坂、それ以降の上り坂を経てなので、選手は、脚にかなりダメージが来ているだろうが)
③9区の入りは下りでスピードが出しやすいとよく言われるが、かなり向かい風が強く、意外にスピードを出しにくいということ。(8区の終わりと違って、風をさえぎるものがない。もちろん当日の気象状況によるが)
 
並走して応援したいな(特に母校を)という思いが益々強まる。実際には混雑をしていて、とても無理ではあるが。。。

夜は、本当は、SWACのクリスマスパーティに行きたかったが、家族との時間を優先して、家でゆったりと過ごしている。


スポンサーサイト



[ 2010/12/23 17:35 ]

| ランニング | コメント(5) | トラックバック(0) |
アジア大会 並走応援記 その2
広州からの帰国後はや20日間が経過。
もう記憶は遠く過去のものとなりつつある。

大会の応援以外で、今鮮明に覚えているのは、
・中国入国審査の厳しさ(パスポート写真と、実人物をコンピュータで時間をかけて照合する)
・意外と日本人と思われなかったこと。
 ~例えば、一人で平田コーチご紹介のマッサージに行ってみたが、中国語が下手な外国人としか認識されなかった。
・物価の安さ(ミネラルウオーター 1本9円)
くらいである。


ところで、
今日は、箱根駅伝2週間前。
毎年必ず応援に行く「戸塚中継所」付近を中心に2区のコースをジョグ。
コースまでは、自宅から約500メートルだ。

2区の約23キロのコースの、選手にとっては一番きついだろう中継所前数百メートルの上りにかかると、自然とペースがキロ15~30秒くらい落ちる。かなりの勾配だ。私なら、23キロを走ってきたら、痙攣を起こしそうだ。

DVC00458_convert_20101219172916.jpg


コースを実際に走ってみて、往路復路ともに、母校はもとより、全チームを全力で応援したいという思いになる。
自分自身が走るようになってから、応援にこめる思いが確実に変わった。
素人なりにコンディショニングをして、当日、よい調子で走ることの難しさを感じるようになったからだろう。

体調を崩さないよう、選手の皆さんがベストを尽くせることを祈る。


私自身も、次は1月23日湘南国際ハーフ、30日新宿シティ10キロと、年明けに大会がある。
Oコーチに、春のマラソンでの目標達成に向けてのメニュー作成をお願いする予定だ。
今度こそは目標達成できるように、仕事、家庭、練習のバランスをうまくとっていきたい。
[ 2010/12/19 17:36 ]

| SWAC | コメント(8) | トラックバック(0) |
アジア大会、並走応援記 その1

選手一団
※yamacyさん撮影


27日(土)午前8時30分、アジア大会女子マラソンがいよいよ始まった。

中国人民が大量動員されると思いきや、沿道は、一部を除いては閑散としたもの。
「応援をすれば、選手に声が届きやすいぞ!」と、私たちSWAC応援部隊、一層気合が入る。。

初めは、2キロ地点で応援。嶋原選手がトップだ!
美しいフォームでよいリズムの走り。

続いて6キロ過ぎ地点へ移動。
ジョギングだ。この機動力が、自分たちもランナーである応援隊の強みだ!(^^)
嶋原選手、加納選手ともにトップ集団だ。

その後、2キロ地点の地下鉄の駅まで、またジョギングで戻り、
地下鉄で移動。地下鉄の駅を降りて、15キロ地点まで、またジョギング。

応援団
※yamacyさん撮影

給水ポイントの近く。ここでハプニング発生。
加納選手が、スペシャルドリンクを取れなかったのだ。
バーレーンの選手が誤って取っていってしまったという。
各国の中長距離の選手が、直接手渡しをするので、まず誤って取るということは考えにくいのだが。。。
本番は何が起こるか分からない。
高温多湿の環境下で、水分さえ取れなかったことは、大きなダメージであったろうと、応援隊の中で話していた。


そして嶋原選手は、先頭から1分強遅れてしまった。
フルマラソン後半かと思うような乱れた息遣い。
一体何が起こったのだろうか。

そして、同地点がそのまま22キロ地点でもあるので、
二人の選手が再び来るのを待つ。
castle mountainさんは、数キロ、加納選手と並走をして声援をされていた。さすが、若手快速ランナーだ。

そして、22キロ。
トップ集団に、加納選手の姿はなかった。
嶋原選手も、さらに遅れている。
序盤で大きく遅れることがまずないお二人なので、どこかで大きな歯車のかけ違いがあったのだろう。

しかし、こういうときこそ、より気合を入れて応援したいと、歩いて、後半のきばりどころ、40キロ地点手前に移動。40キロの給水ポイントは、中国の大応援団がいるので、日中関係の悪い折から無用な刺激をしないように微妙に手前に位置取り。

中国の2選手、北朝鮮の選手が軽快に通過。
4分くらい経過して、嶋原選手が4位争いをしながら快調に通過。
前半の不調を感じさせない快調な走り。
500メートルほど並走をして、SWACメガホンを使って、「清さん、頑張れ!あと2キロ」を連呼。
大田原マラソンでの右足のダメージがあるので、短い距離の並走しか出来なかったのが若干の心残りだ。

さらに数分経過後に、加納選手が通過。
足をひきずっている。足にトラブルが発生しているようだ。
いつになくきつそうな顔をされている。
たまらず、また並走をしての応援。
苦しそうな表情に「がんばれ~」というのが、ためらわれるが、あえて「がんばれー!」と応援。

結果は、嶋原選手が5位。加納選手が7位。
残念ながら、ご本人たちの目標は達成できなかった。

結果が出ないと、マスコミなどは、手厳しいコメントをする。
配慮に欠けたコメントも多い。

でも、私たち会員は、いわば家族のようなものであり、うまく行かなかったときこそ、バックアップする思いでいる。
特に加納選手の、心のダメージが大きいように、私は感じる。一会員として静かに、回復を見守りたい。





[ 2010/12/05 07:03 ]

| SWAC | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム |