fc2ブログ
大田原、大失敗レースでした。
DVC00381_convert_20101124061339.jpg
※25キロ、30キロ、35キロに置いたスペシャルドリンク。35キロのものを握り締めてゴール。


なんと! 3時間35分13秒。
アキレス腱の痛みに耐えかね、レースで初めて歩いてしまった。

完走はできたが、考えられうる限り最悪の結果だった。
この結果をしっかりと胸に受け止めたい。
結果が出なかったときは、必ずプロセスに問題があるためだ。

経過は以下の通り。

・10キロ 43分07秒(設定 41分50秒)  
  ~スタート時の渋滞で、最初の1キロが5分5秒、次の1キロが4分22秒。設定より遅いが、まだまだリカバリー可能な範囲だ。スピードが出過ぎないように抑え気味に走ったので、楽な感じ。mineコーチ、たのっちさんの熱い応援に元気を頂く。(^^)


・10~20キロ 42分46秒(設定 41分50秒)  
  ~20キロが1時間25分53秒。18キロくらいまでは設定以上のペースで走れていた。しかし、18キロで早くもアキレス腱に違和感と痛み発生!!! 早い段階での発生には、冷たい雨と風の影響もあったのかもしれない。

・21.0975キロ 1時間30分53秒 
  ~寄せては返すアキレス腱の痛みのため、キロ4分40秒くらいまでペースダウンをしてごまかしごまかし走る。でも痛い。。。

・20~30キロ 1時間2分16秒(設定 42分20秒)    
  ~アキレス腱の痛みに加えて、23.5キロ~のだらだら上り、強く冷たい向かい風の三重苦。とうとう痛みに耐えかね、25キロで歩き出す。レースで歩くのは、初めての経験。これまでけいれんが起ころうと、決して足は止めなかったが、アキレス腱炎には敵わない。25キロ~29キロは、キロ10分程度で歩き。関門もしくは棄権も頭によぎる。でも、沿道の方々の、「歩いてでも最後までがんばれ!」の熱い応援にも、胸熱くなり、「今やめたら何も得るものがない。関門にひっかかるまでは歩き通すぞ」と思い直す。そのうち、足の痛みが引き出した。アキレス腱炎とはなんと不可解なものぞ。29キロ過ぎから、ジョギングペースでゆっくり走り始めた。

・30キロ~40キロ 55分28秒(設定 42分40秒) 
  ~アキレス腱の痛みと相談しつつ、キロ6分からキロ5分20秒くらいへとゆっくりとペースアップ。後半ビルドアップ。33キロ付近の上り坂では、再びたのっちさんの全身全霊を込められた熱い応援!!!ふがいない走りを見せて申し訳ないという思いもあり、そして感謝の思いもあり、涙目になりながら、ビルドアップをしていく。37キロ付近の上り坂では、mineコーチが、足を気遣ってくださる。お心遣い、本当にありがたい。25キロからの沿道の応援でも感じたが、自分はなんと恵まれているんだろうと、うるうるとしながら走り続けた。


・40キロ~ゴール 11分36秒(設定 9分2秒)  
    ~ややビルドアップして、ゴール。


ゴール後は、無料の鍼治療、マッサージをしていただく。だいぶ効果あり。


失敗の原因はこれからしっかりと分析するが、要約すると、
・故障で直前1ヶ月の質の高い練習ができなかったこと。
・そもそも故障をしてしまったこと。Oコーチの設定よりもオーバーペースを繰り返したことが原因。
の2点のように思う。

次のレースは、1月23日の湘南(ハーフ)、2月27日東京マラソン(フル)。
11月末まではゆっくり休み、コーチの方々のお力もお借りして、今度こそ必ず目標を達成する!!!

   
 
スポンサーサイト



[ 2010/11/24 06:22 ]

| 大会報告 | コメント(14) | トラックバック(0) |
明後日 大田原Mの作戦(^^)
いよいよあさっては、大田原マラソン本番。

ohtawara10a.jpg

9月上旬からのOコーチ指導による練習の集大成だ。
アキレス腱炎により、10月上旬から11月上旬の約1ヶ月間、あまり走れなかったのが不安要因ではあるが、万全でない中、いかにベストを尽くすかということが大事なことなのだと思う。

11月20日(土)朝 本番前 最後のポイント練習。
Oコーチメニュー「5000m(4'15"~ペースアップ)」
朝なので、身体が動かないので、4分10~15秒イーブン程度を想定。
実績は、5000m キロ4分8秒イーブン(高低差30メートルのコース往復)
アキレス腱は痛まない。おそらく25キロ~30キロくらいまでは痛まず走れるだろう。
そこから先は未知数だ。

Oコーチにもご相談し、明後日は、サブ3ぎりぎりを狙う作戦で行くことにした。
(2時間55分は、今の脚の状態と、コースのハードさから、ハードルが高すぎるので)
※コース図は、こちらのHPのPDFファイルP.4参照。

・23キロまでの下り:1キロ 4分10秒(キロあたり6秒程度貯金)
・23キロからのだらだらのぼり:1キロ 4分15秒~20秒
・32キロからきついアップダウン:1キロ 4分20秒~25秒

前半飛ばしたいのをどこまで我慢できるか、そして後半どこまでペースを
落とさず粘れるかが肝になる。

あとは、Oコーチからご指導いただいた
「下りの走り方:身体を地面に垂直に、後傾してブレーキをかけないように、効率的な走りをする。」
「上りの走り方:身体を前傾することに意識を置き、膝から下は使わないようなイメージで走る。上りはペースダウンして当たり前なので、無理してペース維持しようとしないこと。」
を実践することとする。

あと、ふくらはぎには不安要素が残るので、C3fitのパフォーマンスゲイターを購入。
少しでもふくらはぎの負荷を減らしてあげるようにすることにした。

当日は、天気もよく、気温もちょうどほどよい感じなので、リラックスして、ベストを尽くしたい。





[ 2010/11/21 02:07 ]

| 参加予定大会 | コメント(8) | トラックバック(0) |
セカンドウィンド大阪の歴史が始まった!
11月16日(火)北九州から大阪へ移動して、連日の出張。
セカンドウィンド大阪の練習拠点となる大阪城公園を、朝ランニング。
快晴で雲ひとつなく、また涼しく、最高だ。
皇居より、道幅が広めで、アップダウンが多い。
いっぺんで好きなコースのひとつになった。

DVC00331_convert_20101118023640.jpg



そのあと、11月15日(月)から始動のセカンドウィンド大阪の拠点となる、ミズノ大阪店を訪問。
なんと勤務先の大阪事業所から徒歩3分の距離であることが判明。
窓から、ミズノ大阪店が見えるではないか。

DVC00335.jpg


SWACとの縁の深さをしみじみと思った。

DVC00336_convert_20101118024032.jpg


このビルの一角から、Oコーチの奮闘によるセカンドウィンド大阪の歴史が始まる。
全力で応援していくぞ!




[ 2010/11/18 02:45 ]

| SWAC | コメント(6) | トラックバック(0) |
「福岡国際マラソン」下見???
今、出張中。大阪のホテルでこの記事を書いている。
昨日は、北九州で仕事。博多に泊まり、出張朝ランニングを楽しんだ。
普段は、通勤片道1時間30分なので、通勤時間がほぼ0の出張時は、朝ランニングを長時間満喫できるのが大変うれしい。

まずは、平和台陸上競技場。
福岡国際マラソンAグループ(たしか2時間27分以内の記録保持者)のスタート地点だ。

DVC00313_convert_20101116063430.jpg


次に大濠公園。周回2キロの整備されたランニングコースあり。
ここは、Bグループ(2時間42分以内の記録保持者)のスタート場所。
非常に走りやすく、ランナーも多い。陸上部らしき高校生たちとついついバトルなどもしてしまい、いつか、ここからスタートしてみたいなと「誇大妄想」が膨らんでいった。(^^)

DVC00315_convert_20101116062720.jpg

DVC00314_convert_20101116063138.jpg

キロ6分31秒からスタートし、最後はキロ4分まで上げて、21キロを走った。
アキレス腱は、押すと少し痛むが、押さなければ痛みなし。何とか1週間後の大田原は走れそうだ。(^^)

今日は、SWAC大阪のメイン練習コースとなるという大阪城公園を、これからランニング予定。走るのは初めてなので、とても楽しみだ。




[ 2010/11/16 06:37 ]

| ランニング | コメント(8) | トラックバック(0) |
映画「ハートキャッチプリキュア」を見ての驚き (^^)
11月13日(土)、次女にせがまれて、上映中の「ハートキャッチプリキュア」を見ることに。

私自身は、生来、この手のぶりぶり系にはまったく関心がなく、映画館で居眠りをして、睡眠不足を解消しようと思っていた。また、長女も、ぶりぶり系が嫌いで、仕方がなく付き合うという感じ。

事実、初めは、うとうとしていた。zzz 激務でここ2週間の平均睡眠時間は、3~4時間なのだ。
しかし、だんだんと結構まじめに画面を見るようになった。(^^)
毎週日曜日にテレビ放映している30分版と違い、大人の鑑賞に堪えうるように作られているようだ。

ぷりきゅあ
※映画のHPより


ストーリー展開はこうだ。

不遇の少年が悪の親玉に育てられ、世界を破滅させる手先となるよう教育されてきた。しかし、少年の中に、本来眠っていた善性が、主人公であるプリキュア家族たちとの出会いにより、徐々に呼び覚まされてくる。そして、父である悪の親玉に反抗。
しかし、少年は、自らの性に悪なるものが宿っていることを自覚し、プリキュア家族たちの前から離れようとする。世界を破滅させようとする父の企てに抗しようとするが、父の強大な力の前にマインドコントロールされて、ついには破壊活動を始める。
それに気づいたプリキュア家族たちは、世の中の人たちの善性の集まり(花という形で表現)の応援を受けて、破壊活動をする少年の前に、身を呈してたちふさがり、少年の心をときほぐしていく。そして、ついには、少年の善性が開花し、そして悪の親玉である父にも、改心の兆しが芽生える。
※具体的な登場人物をあげてのストーリ紹介はこちら参照。

メッセージは以下のように捉える。
・人は本来善なるものであり、その善性は、他の人の全幅の信頼・愛情によって引き出される。
・悪と対峙するのは、たくましさ、強さが不可欠。悪のエネルギーは強大なため、なまじの覚悟では、対峙することができない。
・多くの人の中にある善性が、集まると、悪をも圧倒する強大で素晴らしい善のエネルギーが生まれる。


子供向けなので、見せ方は、単純ではあるが、これは、東洋哲学思想も入っている立派な「教育」映画とも言えるものではないか。
これまで見くびりすぎていた。。。

自らの狭量さを痛感。
日ごろ毛嫌いして、首をつっこまないでいるジャンルにも、深遠なもののエキスが存在することがよく分かったので、決め付けをしないように心しようと決意を新たにして、映画館を出た。すがすがしい思いだった。
[ 2010/11/14 06:23 ]

| 世界観 | コメント(12) | トラックバック(0) |
月例湘南20キロ ビルトアップできました(^^)
思い返せば、アキレス腱炎を起こしたのは、先月の月例湘南マラソンでの痙攣が起因。
この1ヶ月、一度も「キロ5分以内のペースで、20キロ以上ランニング」ができなかったという想定外の状況にある。
でも、「まあ、何とかなるでしょう」と脳天気な根本的性格。(^^)

大田原まで2週間なので、スピードも多少出したいので、キロ5分で前半我慢。痛み、違和感が出なければ、後半キロ4分までは上げる(それ以上速くは走らない)という作戦で行くことにした。
また無理をしすぎないように、SWACのユニフォームを封印。「楽走」というオレンジの派手なTシャツを着用し、膝までの短パン、貴重品もポケットに入れてというお気楽スタイルにした。


初めの1キロ、4分54秒。5キロまでは、上げても4分51秒で我慢。このスピードだと抜かれる抜かれる。(^^) 「どうぞ」という感じ。
4分15秒で走られると言われて、先行している、ウエブ練習日記のjiryさんと、折り返しがあるので、何度かすれ違う形で挨拶。お会いするのは初めてだが、ツイッターでやりとりをしていたので親しみがある。「好記録めざしてがんばれ~(^^)」

5キロを越して、少しずつ、4分45秒(キロ)、4分40秒、4分35秒とペースアップ。脚痛まず。前半10キロは、46分10秒くらい。このくらいだと呼吸の乱れはまったくなく、とても楽な感じ。12キロ過ぎから、さらにペースアップで、レースペースの4分10~15秒程度で走っていく。後半はペースダウンするランナーが多く、前半とは逆にごぼう抜き状態。ラスト3キロは、3分55秒程度まで上げてみる。ただし、これ以上のペースアップは、脚にダメージを与えるので自制。(^^)

ゴールタイムは、1時間27分50秒くらい。タイムは、痙攣を起こして14キロ以降失速した前回よりも約5分よくないものだが、後半10キロを、レースペース以上の41分40秒で走れたのは、大きな成果。

大田原サブ3達成の夢に望みありだ。
(ただし、スピードを出して20キロ以上走ったのが、約1ヶ月ぶりなので、両足ふともも前面に軽いはりがあり)

そして、今朝もアキレス腱に痛みは出ていない。(^^)



[ 2010/11/08 04:36 ]

| 大会報告 | コメント(10) | トラックバック(0) |
4割が使用禁止のアスレッチックって。。。
3日(祝)、こどもたちと、 「大和冒険の森フィールドアスレチック」に出かけた。半年前にも行っており、2回目だ。無料で、とても手軽に利用できる点がありがたい。

7歳からの使用を前提としているようだが、下の娘(年長 5歳)も、挑戦。
半年前のときには、こわがって半分以下の器具にしか挑まなかったのに、今回は、大人でもひるむような器具を含め、ほぼ全器具に挑戦。そして7割がたはできていた。

「子供の運動スキルってたった半年間で長足の進歩を遂げることがあるものなのだなあ」と、本当にびっくり。


ただ、一点、大変残念なことが。
なんと全体の4割(27器具中10器具)が使用禁止だったのだ。

あすれちっく縮小
※赤いテープが貼ってあるのが、使用禁止器具。


半年前は、8器具くらいだったので、さらに増えている。一緒に行った親戚の話によると、来るたびに、使用禁止の器具が増えているとのこと。
これは問題だ。さっそく、改善を求めて大和市長宛に、回答を求める以下のメールを送った。(必ず回答をくださるとのこと)
※回答を頂き次第、共有します。



大和市長殿

お世話になります。市外在住ですが、大和陸上競技場使用の年度会員になっており、大和市の運動施設を頻繁に使用させて頂いております。
子供たちの将来のために、ぜひ改善をお願いしたいことがあります。先日、大和冒険の森フィールドアスレチックを、子供たちとともに利用しましたが、27の器具のうち、10が使用禁止。実に4割が使用できない状況でした。大変魅力的な施設なだけに、大変残念です。子供たちもとてもがっかりしていました。

子供たちの心身の健全な発達のためには、「思い切って危険を冒す」「自分のスキルの限界に挑戦する」ということがとても大切だと考えます。
公園からは冒険ができるような遊具が、大人の都合(リスクヘッジ重視)でなくなり、思う存分遊べる山なども身近にないこの時代、アスレチックは、子供たちの健全な心身育成のための場として、非常に有効と考えますが、いかがでしょうか。
4割も使用できないと、子供たちの中にせっかく芽生えた挑戦意欲が摘まれてしまいます。
財政難であること、そして、おそらく一部の親から危険な器具へのクレームがあることから、使用禁止が多い状況になっているかと思うのですが、未来の大和市、そして日本を支える子供たちのために、少しお金を出す覚悟と、クレームを受ける覚悟を定めて頂けないでしょうか。



子供たちの健全な発達のために、ぜひ改善をお願いしたいものである。
[ 2010/11/06 06:42 ]

| 子供の体力 | コメント(4) | トラックバック(0) |
Oコーチの旅立ち
昨夜は、Oコーチ大阪異動前の最後のSWAC東京練習会。
大変お世話になっている身なので、さまざまな仕事を先送りして参加した。
実は練習会初参加だ。

冒頭、Oコーチからご挨拶。
これまでの3年半のお礼と今後に向けての決意を述べられる。

私自身がOコーチと知り合ったのは、3ヶ月半前の菅平合宿。8月に、秋のマラソンに向けてのサポートプログラムのコーチをしていただくことが決まり、そこから濃密な関係が始まった。いまや、私の次に、私のランニングのことを知ってくださっている方だ。(katouさん、壮行会でのお言葉、拝借いたしました。お許しください。) いや、私の走力の伸ばし方を世界で一番分かってくださっている方だ。

こんな知り合って間もない私でさえ、大変名残惜しいのに、ましてや、SWAC設立当初や設立初期からの会員の方の思いはいかばかりか。私には推し量ることができない。

soubuさんをはじめとして、何人かの会員の方から、「仕事をすべて放り出して来ました。」「お先に、との一言も告げず、練習会に来ました。」といった言葉を聞いた。

今日のメニューは、A組が、2000MBU×4本。B組は3本。
B組のキロ5分15秒の最後尾で、まず3本をこなした。アキレス腱の痛みがまったくなく、身体も動き始めたので、最後の一本は、A組に合流。キロ4分で走ることができた。まだペースは上げられたが、抑制をした。着実に回復している。

練習会終了後、Oコーチの前には、会員の方々の長い行列。Oコーチと固い握手を交わす。
私がキロ4分で、痛みなく余裕を持って走れたことを話したら、喜んでくださった。練習メニューが上方修正となりそうだ。

代々木公園方面へと帰路に向かうOコーチに、多くの会員の方々が、歩みをともにしていった。
私は後ろ髪をひかれる思いで、渋谷駅へと向かった。
[ 2010/11/03 05:23 ]

| SWAC | コメント(8) | トラックバック(0) |
記録を狙わない大会参加で見えたもの (^^)
10月31日(日)手賀沼ハーフマラソンに参加。当初、大田原の本番ペースで抑え目に走って、90分切りの予定だったが、アキレス腱炎のため、ジョグに切り替え。痛みが出たらすぐにリタイアしようと思っていた。

ただ、ジョグしても面白くないので、会社の同僚と、親子の体力向上企画のランニングブレストをしながら走ることにした。ランニングブレスト、略して「ランブレ」。来年の流行語大賞になるかも。(^^)


まずは、昨日の台風直下で、今日の準備をしてくださったスタッフの方々に心より深く感謝。荒天の中、風邪を引かれた人もいるんじゃないだろうかと心配。


参加人数は、約8000人。
スタートは、ほぼ最後尾に近いところからスタート。
いつもは、先頭に近いところからのスタートなので、初めての経験。

スタートラインを超えるまでに10分。
ウオーキング、ジョギング、ウオーキングを繰り返しながら、徐々にスタートラインに近づく。
スタートダッシュをする人もいない。(^^)

ハロウイーンの仮装をする人、オレオレ詐欺撲滅のノボリを持ちながら走る人(警察官の方?)、アヒルのかぶりものをする人、七色のコスチュームの人など、実にバラエティに富んでいる。ノボリは、交代なしで、最後まで一人で持って走るのだろうか?とそんなところに興味津々。
いつも周りにいる、機能重視の快速ランナーの方々とは全く違う趣を呈す。

「そうか、例えば、親子で、面白い格好や、おしゃれなペアルックを着て楽しみながら走ると、それだけでも親子関係よくなるよね」のようなことを、同僚と語らいながら、キロ7分で進んでいく。

沿道の応援にも、ゆっくりペースだと、しっかり応えられる。
娘たちと同世代の小学生の子達と、ハイタッチをしたり、「(応援)ありがとう!」って返礼したり、これがなかなか楽しい。

そして、何よりもよかったのが、共同企画者である同僚と、じっくりと立ち入った話ができたこと。
これから企画を実現させていくにあたって、一番大事なことだと思う。
一緒にランニングしているときだからこそできるコミュニケーション。きっとある!!!

関門時間を少し気にしながら、10.5キロを関門の9分前、16.5キロを関門の22分前に無事通過。
そして無事ゴール!!!
グロスタイム 2時間44分1秒。ネットタイム 2時間34分1秒。

手賀沼ハーフ


忘れがたき日となった。(^^) 



[ 2010/11/02 03:18 ]

| 大会報告 | コメント(8) | トラックバック(0) |
| ホーム |