fc2ブログ
今日13時 スパルタスロン(246キロ) スタート♪
銅像


いよいよ鉄人の集うレース「スパルタスロン」が日本時間の今日13時にスタートする。

36時間以内に、約246キロを走破する「鉄人中の鉄人」レースだ!


SWACからも、Kさんが参加。
Kさんは、過去2001年、2002年の2度、完走経験があり、
今回は、8年ぶりのチャレンジとのこと。
Kさん、完走を心の底から応援しています!!!!!

フレー、フレー、Kさん!!!


Kさんの奮闘振りは、ライブ情報こちらから見られる。


以下、「スパルタスロン」の説明。(「はてなキーワード」より)

紀元前500年古代ギリシャに両雄として君臨していたのはアテネとスパルタ。
マラトンの戦いにペルシャ軍の脅威に晒され劣勢に立っていたアテネ軍の司令官はスパルタの援軍を求め伝令を走らせた。その男フィディピデスは走り続け、アテネを出た翌日スパルタに到着したという。

ヘロトドスの叙述を実証するため、ウルトラランナーでもある英国空軍中佐ジョン・フォーデンは、実際にフィディピデスの辿ったルートを忠実に走り36時間以内にスパルタのレオニダス王の銅像前に到着し、ヘロトドスの叙述が正しかったことを証明し、翌1983年には11カ国45人のランナーで第1回のスパルタスロンが開催された。
コースは、パルテノン神殿の下をスタートし、アテネ市内を通り抜け、エーゲ海沿いの海岸道を走り、コリントス運河を渡る。
ブドウ畑やオリーブ林を抜け、150キロ過ぎに最大の難関1,200mのサンガスの岩山がランナーの行く手を阻む。
約200キロで再び1,000mの山を越えてスパルタに入る。スパルタ市中央のレオニダス王銅像の足に触れてゴール。
気温は日中30℃以上に上がり、夜5℃まで下がる。これまでの完走率は30~40%。


そもそもの参加資格自体のハードルが高いにも関わらず、完走率が3分の1程度というところに、このレースの過酷さが伺える。

参加資格は、以下の通りだ。

競技者は、下記の条件のうち少なくとも1つを充たせば、スパルタスロン参加の資格を得ることができます。いずれも今年を含み、3年以内に行われたレースである必要があります。

(1)競技者は、100km以上のレースを10時間30分以内で完走したことがある。
【必要書類】レースの主催者、またはその競技者が所属している競技団体の発行する証明書。なお、この書類には完走タイムが記載されていなければならない。

(2)競技者は、スパルタスロンのレースに参加した経験があり、チェックポイントであるネスタニ(Nestani/172km地点)に24時間30分以内に到達したことがある。
【必要書類】スパルタスロンに参加した年の書類。

(3)競技者は、スパルタスロンに参加し、完走したことがある。
【必要書類】スパルタスロンに参加した年の書類。

(4)競技者は、200km以上のレースに参加し、タイムに関係なく完走したことがある。
【必要書類】1と同じ書類。




実は、5年後くらいを目標に、挑戦をしてみたいと思っている。
まずは、2年後にサロマ100キロに挑戦する。
フルマラソン以上の距離を走ったことが、これまでないので、
並大抵のことでは達成できない目標だ。。。(^^)
偉大な先達 Kさんのアドバイスも随時、受けながら大願成就をしたい♪



【9月23日のOコーチメニュー】30km走(5'00"~後半ペースアップ4'30"位まで)

【実績】30km走(2時間22分30秒)

くりおさんの素晴らしいコーディネートで、正確な5キロの周回コースを、快走(暴走?)できた。
くりおさん、そして湘南ランニングステイヤーズの皆さん、本当にありがとうございました♪♪♪


ラップは以下の通り。
・0~5キロ 29分(ウオームアップを兼ねる。集団走)
・5~15キロ 各25分(5キロ)(集団走)
・15~20キロ 21分30秒(想定よりも速い。キロ4分16秒。ここから単独走)
・20~25キロ 22分(ペースを抑えに行ったが、あまり効果なく、キロ4分22秒)
・25~30キロ 20分(キロ4分) 
   
15キロから、想定よりもかなり速く走ってしまった。ただ、負荷感は低く、今も脚も痛くない。
全力の7.5割くらいの負荷感で、キロ4分45秒ペースくらいの感覚で走ったが、実際には、30秒くらい速く走っていた。ペース感覚をつかむことは本当に難しい。。。やはりトラックでの練習を地道に積んでいくしかないのだろうか。
 
スポンサーサイト



[ 2010/09/23 23:48 ]

| ランニング | コメント(4) | トラックバック(0) |
クリール11月号にOコーチが特集記事執筆 (^^)
昨日発売の「クリール」11月号に、われらがSWAC Oコーチの執筆記事が掲載されている。
テーマは、
「2時間切り/1時間45分切り/1時間30分切りを目指す今季はハーフで自己ベスト!」。
編集長によると、フルマラソンは走らないけど、ハーフは走るという人が案外多いので、ハーフでベストを出す方法を、Oコーチに書いていただいたとのこと。
ご興味のある方は、手に取られてみては。(^^)

また、会員の方のダイエット成功記も載っていた。
体重が3桁だったのを、30キロ以上減量でサブ3。
シンデレラストーリーくらい劇的な展開!!!
詳しくは、ご本人のブログに。


私は、「ランナーズ」は定期購読、「クリール」は毎号書店で購入している。
どちらも参考になるが、「クリール」の方が、練習法組み立てには役立つと
感じていて、実はどちらかというと「クリール」ファン。
どちらか一冊しか買えないなら、「クリール」を買うだろう。

皆さんは、どちら派ですか?

「ランナーズ」は、ランネットというHPメディアの重要性に早期に気がつき、
大規模投資をしていったことが今の優位の要因だろう。。。


今日は、くりおさん湘南ランニングステイヤーズの方々と30キロ走だ。
結構涼しそうで楽しみ♪



【9月21日のOコーチメニュー】50~60'jog
【実績】59分ジョグ(キロ5分)、最寄の駅からラン

【9月22日のOコーチメニュー】補強運動 9種類×2セット、40'jog+WS×3~5
【実績】補強運動 9種類×2セット、最寄の駅からラン
 ※終業後、大和の陸上競技場に行く予定が、仕事が長引いて、行けず。。。
[ 2010/09/23 05:04 ]

| ランニング | コメント(8) | トラックバック(0) |
| ホーム |