fc2ブログ
ブログ、不定期に再開します。
神屋伸行さん(現在、武蔵野学院大学陸上競技部監督。元駒澤大学箱根駅伝選手)のツイッターのツイートで、とても心に響く言葉があったので共有したい。

「気分に大きく左右される事なく、疲れていてもやるべき事をしっかり継続していく。そういう意識の選手は強く成りやすい。気分が乗った時は調子良く何でも前向きに取り組むが、一朝何か有った時は落ち込み、何も手に付かないのではやはり強くなる道から時々逸れてしまう。戒めたいものである。」(神屋さんのHPはこちら

これは、マラソンのことだけでなく、日常生活、仕事全般で言えることだと思う。
しっかりと心に刻み、日々を過ごしていきたいと思った。


40歳ごろから、ここ1~2年、マラソンの結果も含めて、不調気味であるが、不調には必ず原因があると感じている。構えず、冷静に、原因を見極めていき、成果へとつなげて行きたいと思う。

マラソンでは、今年は、11月の湘南国際マラソンと、大田原マラソン(どちらかに絞る可能性あり)を本命とすることにした。それ以外はエントリーせず、着実に日々の練習で、走力をつけていきたいと考えている。

これまで関わってくださった方々、もしよろしければ、これからもどうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト



[ 2011/07/21 14:59 ]

| ランニング | コメント(4) | トラックバック(0) |
箱根2→3区 8→9区 試走
今日はとてもあたたかかった。

午前中は、来年1月からのランニングメニュー作成を依頼するために、SWACビルで、大阪から出張中のOコーチと面談。
体調や仕事の状況をもとに、どのくらいの練習を行うか、を相談して決めていく。
既に2ヶ月半、コーチングをして頂いているので、短い時間で、メニューの方向性が固まっていく。
この、「一を言えば十伝わる」ような感覚、とてもありがたい。

1月末までは、特に仕事の山のため、平日1日+休日2日の週3日での強化メニューを立てて頂く予定だ。
年明けに、メニューがアップしたら、概要を紹介しようと思う。

冬の喝采


ビル近くの三省堂で、箱根駅伝をテーマにした自伝的小説「冬の喝采(上下)」(講談社文庫)を購入。
自伝的であるところに特に興味を引かれた。「ランナーズ」最新号でも紹介されている。箱根駅伝までに読了をしたい。



午後は、この前の日曜日と同様に、箱根駅伝のコースを試走。
暑いので、Tシャツだ。

箱根駅伝の交通規制の立て看板が目につく。

2区→3区、そして8区→9区(それぞれ一部)を、今日はハイスピード気味に走る。
キロ5分から上げて4分くらいまで。それでも選手より、キロ1分も遅いが、スピードを出して走ってみると、コースの特徴がよく分かる。

今日の発見は、
①3区の入りの上りは、思ったよりも急であること。
②逆に、8区の最後は下りで、快走気分で、たすきを渡せそうな感じがするということだ。(遊行寺の坂、それ以降の上り坂を経てなので、選手は、脚にかなりダメージが来ているだろうが)
③9区の入りは下りでスピードが出しやすいとよく言われるが、かなり向かい風が強く、意外にスピードを出しにくいということ。(8区の終わりと違って、風をさえぎるものがない。もちろん当日の気象状況によるが)
 
並走して応援したいな(特に母校を)という思いが益々強まる。実際には混雑をしていて、とても無理ではあるが。。。

夜は、本当は、SWACのクリスマスパーティに行きたかったが、家族との時間を優先して、家でゆったりと過ごしている。


[ 2010/12/23 17:35 ]

| ランニング | コメント(5) | トラックバック(0) |
「福岡国際マラソン」下見???
今、出張中。大阪のホテルでこの記事を書いている。
昨日は、北九州で仕事。博多に泊まり、出張朝ランニングを楽しんだ。
普段は、通勤片道1時間30分なので、通勤時間がほぼ0の出張時は、朝ランニングを長時間満喫できるのが大変うれしい。

まずは、平和台陸上競技場。
福岡国際マラソンAグループ(たしか2時間27分以内の記録保持者)のスタート地点だ。

DVC00313_convert_20101116063430.jpg


次に大濠公園。周回2キロの整備されたランニングコースあり。
ここは、Bグループ(2時間42分以内の記録保持者)のスタート場所。
非常に走りやすく、ランナーも多い。陸上部らしき高校生たちとついついバトルなどもしてしまい、いつか、ここからスタートしてみたいなと「誇大妄想」が膨らんでいった。(^^)

DVC00315_convert_20101116062720.jpg

DVC00314_convert_20101116063138.jpg

キロ6分31秒からスタートし、最後はキロ4分まで上げて、21キロを走った。
アキレス腱は、押すと少し痛むが、押さなければ痛みなし。何とか1週間後の大田原は走れそうだ。(^^)

今日は、SWAC大阪のメイン練習コースとなるという大阪城公園を、これからランニング予定。走るのは初めてなので、とても楽しみだ。




[ 2010/11/16 06:37 ]

| ランニング | コメント(8) | トラックバック(0) |
テーピング観が変わりました。テーピングっていいですね♪

先週初めから、ずっと朝5時30分出勤。大変だが、心身ともに充実している。

15日(金)、早めに仕事を切り上げ、MY☆STAR主催の「テーピング講習会」に参加した。

目的は、「テーピングの目的、やり方」を体系的に学ぶこと。

参加するまでは、テーピングには、次のようなイメージを持っていた。
「故障をした人が痛みをこらえて走るためにするもの(見ていて痛々しい)」
「トレランなどの起伏の激しいレースのときに、膝の故障を予防するために行うもの」

つまり、故障時とか故障予防のためのものという捉え方をしていた。

しかし、講師の、NEW-HALEで有名なアクタの方によると、「マイナスから0」にするだけではなく、パフォーマンスアップにつながるものだとのこと。

例えば、足首の横方向のねじれが、走るときに起こりやすい。ニューハレSKテープを貼って、足首を固定することによって、横方向のねじれが起こりにくく、前への推進力が生まれる。
また、腰痛でない方も、腰にニューハレVテープを貼ることによって、テープの下の筋膜がゆるみ、しわがよる。このしわがクッションの役割を果たし、疲労を感じにくくなり、前傾が長時間保てるようになる。

tape2_convert_20101023064748.jpg
※しわが寄っているのが分かるだろうか。このしわがポイントとのこと。


なにやら、ニューハレのまわしもの(^^)のような文が続くが、信じるに足る根拠が提示されたので、自分の身体で試していってみようと思う。

講義だけでなく、ひざ、ふくらはぎ、足首の固定のテーピングを自分の足に行うという実践もあり。

tape1_convert_20101023064639.jpg



今の私はアキレス腱炎なので、パフォーマンスアップ目的ではなく、痛み抑制することが目的だ。
効果確かにあり。この1週間、少しずつトレーニングを再開し、昨日は、キロ5分~4分24秒のBUで、10キロ走った(47分3秒)が、痛みや違和感がまったくない。

痛み解消後は、パフォーマンスアップ目的での使用もぜひしてみたいと思っている。


今後の講習会の予定です。10月28日に、世田谷であるようです。

30'sの美ジョギングさんも、同じ講師の方の講習会を紹介しているので、共有します。


[ 2010/10/23 06:51 ]

| ランニング | コメント(8) | トラックバック(0) |
益荒男、ハセツネ完走!!!
さすがnozomipapaさんだ!!!

スタート直前までの大雨で、足場が大変悪かったに違いない。

心より尊敬!!!
[ 2010/10/11 05:28 ]

| ランニング | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次のページ>>