スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
半世紀後も残る名著! 『ゼロからはじめる社会起業』 (炭谷俊樹氏)
ビジネス書を読んで、ここまで深く感動したのは初めてなので、ぜひ紹介させていただきたい。

DVC00272_convert_20110822043607.jpg


表紙には、こうある。
「コンサルタントから教育業界に転身した日本の社会起業家の先駆けが教える魂のこもったプランのつくりかた」と。
アマゾンはこちらから。


著者である炭谷氏は、マッキンゼーに10年間勤務、
帰国後、1996年、神戸に「ラーンネット・グローバルスクール」
(フリースクール)を設立。
2010年4月からは、神戸情報大学院大学の学長の要職にある。


私が炭谷氏にお会いしたのは、1999年秋。
グロービスで知り合いとなったTさん(当時国立大助教授)のご紹介で、
まだ設立間もない神戸の「ラーンネット・グローバルスクール」を見学させて
いただいた。婚約をしていた妻とともに、自分たちの将来をどうするか考えて
おり、その参考とさせていただくためであった。


炭谷氏にお会いした印象は、「なんて純粋な方なんだろう!!!」という
ものだった。才能も能力も人脈も抜群でいらっしゃる方だから、
自分のために、お金もうけをしようと思えば、いくらでも成功の道はあると
思える。しかし、日本の教育の在り方に疑問を抱かれ、「隗より始めよ」で、
ご自宅で、子供たちが将来を生き抜く力を持てるように、全身全霊を傾けられていたから、そう感じたのだと思う。



『ゼロからはじめる社会起業』の「はじめに」の中から、いくつか印象的な言葉を引用したい。

・社会起業とビジネス起業を明確に線引きする必要はなく、バランスだと思いますが、あえて「社会起業」とは何かと問われれば、「社会価値」を「経済価値」よりもより優先する活動を起こすことだと言えるでしょう。

・日本に帰ってきたときに、私が最も問題意識を感じたのが子供の教育でした。それについてマスコミをはじめとして多くの人が、文部省や学校のことを批判していました。しかし一方で、実際に解決に向けて行動を起こしている人はほとんどいない、と思いました。

・思いはあるけれど行動には移せない。プランは書いたのだけどうまく行く気がしない。立ち上げたものの拡大ができない。いろいろな状況があると思います。魂のこもったプランを書き、思いを行動・実現に移して社会起業を成功させることにお役に立てればうれしく思います。

私は、すべての人が社会起業できる能力も権利も持ち合わせていると思います。何か問題意識を感じたときに、「ちゃんとしないえらい人が悪い、私には何もできない」と思ってしまうのでなく、「私にも何かできるはず」と、思いを行動に移してもらいたいと思います。


第一章以降、上記の目的を達成するために、具体的にどうしたらよいかのアドバイスが満載である。この本の素晴らしいところは、炭谷氏の実際の起業体験をベースにして、具体的な方法論が提示されているところだと私は考える。実際に、さまざまな失敗も経て、立ち上げた方だからこそ書ける珠玉の方法論だ!

半世紀後も残る、社会起業の名著だと私は感じている。
ぜひご一読をお勧めしたい。



(蛇足)
この本を読んだことをきっかけにして、親友と、今の危機的状況にある日本をもっとよくする「行動」をしていくことに決めた。現業(会社の仕事)も大事にしながら、バランスをうまくとって、一歩一歩進めていきたい。



スポンサーサイト
[ 2011/08/22 04:58 ]

| | コメント(3) | トラックバック(0) |
横浜・藤沢近辺お住まいのランナーにおススメの整形外科
ランナーの皆さんは、多かれ少なかれ、足の故障をして
整形外科の先生に「走っちゃダメ」とドクターストップを
受けた経験があるのではなかろうか。

確かに、足のことを考えれば、走らないほうがいいのに決まっている。
しかし、ランナーにとってランニングを休むことは、喫煙者がたばこ、
お酒好きな人が酒断ちをするに等しいことなのだ。(^^)


横浜戸塚に、「走りながら治す」ことを提案してくださる
整形外科がある。 「とつか整形外科 皮膚科」である。
※『ランナーズ』別冊付録の「ランニング便利帳2011」によると、
神奈川で日医ジョガースの先生が診察してくださる整形外科は、ここだけの
ようである。戸塚駅からやや遠いので、バスかタクシーの利用をおススメ。

DVC00850_convert_20110819033134.jpg


内藤勝行先生は、フルマラソンサブ4のタイムを持たれ、
先日の奥武蔵ウルトラも完走されているウルトラランナー。
ランナーが1週間ランニングを休むことのつらさを、
わが身のこととして理解してくださる。


先日の山下りの際に右足首内側くるぶし付近を痛めた
私は、「これは1か月くらい走るの禁止と言われるかな」
とブルーな気持ちで、右足を引きずりながら、内藤先生の
もとを訪れた。

X線画像から、右足首内側くるぶしあたりとアキレス腱に
炎症を起こしていることを指摘された先生に、私は「どのくらい
の期間、走ることNGですか?」と質問をした。
先生から、意外な言葉を聞いた。

「1週間走らないでいると、走る力が落ちてしまうから、
走れるようなら走っていいよ。固定サポータでも使う?」
(看護婦さん、唖然。。。「先生、まじですか。という顔
をされていた。)


目の前の霧が晴れる思いがした。


結果的には、痛みがなかなか引かなかったので、自らの判断で、
その後、2週間はラン休としたが、「走ってもいいんだ」という
ように思うと、気が楽だった。

DVC00852_convert_20110819033400.jpg


そして、2週間後には、奥多摩トレランに挑戦した。
痛みはじゃっかんぶり返したが、リタイヤがよかったのか、
それとも温泉がよかったのか、両方か、今は95%完治している。

これで、また山の中を走りまくり、そして、
11月の湘南国際マラソンに向けて、スピード練習を
することができる。とても楽しみだ♪ 


【お断り】
・患者さんがたくさんいらっしゃるので、待ち時間はかなり長めです。
 診察まで1時間30分くらいは覚悟したほうがよいかもです。(^^)
[ 2011/08/19 02:45 ]

| 故障 | コメント(6) | トラックバック(0) |
知られざる偉人 明石元二郎
明石元二郎(1864~1919)という人物をご存じだろうか。
おそらく明治から大正の日本史を深く学んだ人か、台湾に深い興味を抱いている人くらいしかご存じないだろう。
明石元二郎を、私なりに一言で表現すると、「明治~大正時代の怪傑男子」となる。
日清、日露、第一次世界大戦という常に緊張を強いられる時代環境下で、死に物狂いに、日本の針路を開拓していった方である。

519bC1MJR1L__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_



具体的には3つの大きな仕事をされている。
(1)日露戦争下、ロシア帝国内の騒乱を図り、ロシア革命発生の種まきをした。
(2)朝鮮半島の治安水準を著しく高め、日韓合併を実現した。
(3)第7代台湾総督として、教育・司法・電化・灌漑の大事業を推進し、台湾近代化の端緒を開いた。


こう書くと、日本帝国主義、軍国主義の先駆者ではないかと思われる方も多いだろう。
しかし、そのような見方は、緻密な取材と歴史資料に基づく考察を経て書かれた本『世界の歴史を変えた日本人 明石元二郎の生涯』(清水克之氏著 桜の花出版)を読むと、払しょくもしくは軽減されると思う。
日韓併合や台湾近代化への日本の関与の是非については、さまざまな考え方があるが、いったん置いておき、本書をひもといていただけると幸いだ。
※以下の内容は、基本的には、清水氏の著作の内容に基づく。


福岡生まれの明石元二郎の、幼少時のエピソードには次のようなものがある。
・いたずらがひどく土蔵にとじこめられても、何時間経っても一向に泣きわめかず、平気な顔をしていた。
・福岡県令(今でいう県知事)が学校視察に来た時、「精神」の二文字の披書をすることになったが、「精」の字が大きく、「神」の字を半紙に書けなくなった。しかし全く慌てず、凛として畳の上に「神」を書いた。
・外見、風采はなはだ不潔。いつも鼻水を垂らし、袖で拭うため、着物の袖がいつも光っている。

士官学校時代も、周囲から「あいつは大物なのか屑なのか」と注目されたということだ。


やがて、台湾巡視などをするようになるが、そのときの考えが史料として残っている。
要約すると、「台湾の国の人々の人権を重んじず、植民地として自国との同一化をいたずらに図ることは、仁政を徳としないという印象を台湾国に与えてしまい、よくない。だから、台湾の人々の制度習慣を、できうる限り許容すべき」という考え方である。
自国のスタンダードに強制的にそわせようとする、当時の他の欧米諸国の植民地施策の考え方とは、大きく異なる考え方である。


「(1)日露戦争下、ロシア帝国内の騒乱を図り、ロシア革命発生の種まきをした。」で具体的に行ったのは、反ロシア政府地下組織のカストレン、シリヤクスというフィンランド人中心者の懐柔である。彼らに資金援助を行い、ロシアの内部崩壊を狙った。日露戦争が早く終結した理由の一つは、ロシア政府が国内混乱鎮圧に大きなパワーを注がなければならなくなったことである。山縣有朋は、明石の功績について、「数個師団の活躍にも相当する。明石は実に恐ろしい男である」と言っている。
また、明石の日本への帰国が決まった際、シリヤクスは、海岸線を描いた風景画を贈る。それには、「この絵を見る度に、欧州のフィンランドという国にシリヤクスという友がいたことを思い出してくれたならば、これほど嬉しいことはない。(中略)貴方の生涯の友コンニ・シリヤクスより」という手紙が添えられていた。

他国の方とこれほどまでの信頼関係を築けるのはどうしてなのだろうか。
詳しくは、前述の『世界の歴史を変えた日本人 明石元二郎の生涯』を参照されたい。


「(2)朝鮮半島の治安水準を著しく高め、日韓合併を実現した。」についてだが、韓国併合の是非については、ひとまず置いておく。短い文章では、論を十分に尽くすことができないからである。
韓国での明石の働きぶりを当時の部下は次のように語っている。
「何処までも徹底的に事を運ぶ。森林保護といえば個人の所有林でさえも伐採を許さない。児童の就学を奨励すれば、親の言い分が何であろうと無理にでもこれを引っ張り出す。清潔法を施行すれば塵一つも残してはならず、道路といえば田でも畑でも墓地でも構わず突き通して、苦情がどんなものであっても耳をかさない。全てはこういうやり方であった。」
このような行動は、傲慢に感じる方も多いだろう。しかし、私は当時の緊迫した半島情勢を考えると、ビジョンを持ったトップダウン、迅速な実行が必要だったのだと捉えている。翻って、今の日本は、震災という非常時でありながら、復興が遅々として進まない。これはトップダウンの欠如のためではないかと考える。



「(3)第7代台湾総督として、教育・司法・電化・灌漑の大事業を推進し、台湾近代化の端緒を開いた。」について、明石は現場主義を徹底した。必ず自らの目で現場の実態を確認することを大事にした。明石の大きな実績の一つに日月潭水力発電所の建設がある。電力需要の高さから、建設を望む声が多かったが、当時の財政状況では建設が困難であった。ここで明石はひらめく。半官半民の企業にしようと。大変斬新な発想であった。企業なので、株の売買が発生する。明石は投機熱を警戒して、「俺の友人とか親戚とかいって株を欲しがるものが出てくるかも知れん。だが、そんなものには一切取り合わないでくれ」と言ったとのことだ。自らの損得にこだわらない高潔な人格の持ち主であることが感じられるエピソードの一つだ。
また、嘉南大圳(15万ヘクタール)の灌漑事業も、財政的には困難であったが、トップダウンで着手をする。後年、嘉南大圳の完成によって、農作物の大増産が可能となり、この地は台湾一の大穀倉地帯となった。
明石の施策により、台湾近代化が大きく進んだことは、多くの人の見解が一致するところである。


1919年、明石は、自らの死期を悟り、部下に次の遺言を残す。
「もし俺の身に万一のことがあったら、この亡骸は必ずこの台北に葬るよう頼む」

部下は明石に対する思いを歌に残している。

君とはに鎮南護国の神となりてねむりたまひぬ高さごの島に   下村宏


もしご興味があれば、、『世界の歴史を変えた日本人 明石元二郎の生涯』に、さらに詳しい記述があるので、ぜひお手に取っていただきたい。
[ 2011/08/18 02:50 ]

| | コメント(2) | トラックバック(0) |
奥多摩 ハセツネコース トレラン
8月14日日曜日、今日も朝から日差しが強い。

待ちに待った奥多摩トレランの日。
今日は、ハセツネ完走歴2回のnozomipapaさんとご一緒に
ハセツネコースの試走。(私は出場しませんが)
※ハセツネとは、日本で屈指の人気があるトレランレース。
奥多摩山中を71.5キロ走る。コース図標高図

先日の山下りの際に痛めた、右足首内側くるぶし付近の炎症も
比較的おさまっているので、走ることにした。
足のことを考えれば、走らないほうがいいのに決まっているの
だが、そうはできないのがランナーのさがだろうか。
ランナーにとってランニングを休むことは、喫煙者がたばこ、
お酒好きな人が酒断ちをするに等しいことなのだ。(^^)

自らもランナーで、先日の奥武蔵ウルトラも完走されている
戸塚ダイエーそばの内藤勝行先生に頂いた固定サポーターを
右足首につけ、走ることにした。
ランナーの気持ちをわかってくださる整形外科医の方が
かかりつけ医なのは、本当にありがたいことだ。
普通の整形外科医の方なら、1か月はラン禁止というだろう。


「上川乗」(かみかわなり)からランニングを始めるため、
武蔵五日市駅から、バスに30分ほど乗る。

DVC00914_convert_20110815035735.jpg


バス停で降りると、標高400メートルにも
関わらず、日差しが痛く気温も高い。
ハードな一日となることを覚悟する。

道なりに400メートル登ると、
左手に、登山口が。
ここから1000メートルくらいまで
ひたすら登っていく。

右足をかばうためか、左足に乳酸がたまりやすい。
また故障のため2週間、ラン休だったので、
心肺機能も落ちているようだ。

早々とちょっと一休み。
羽化したばかりのセミが
バッグにのぼってきた。
どこかいとおしい。(^^)

DVC00916_convert_20110815040501.jpg


アップダウンを繰り返しながら、
標高約1500メートルの三頭山をめざしていく。

下りがとくにきつい。
右足をおそるおそる地面に置く。
痛い! 進まない。。。


何とか数馬峠着。

DVC00920_convert_20110815041017_convert_20110815041244.jpg


nozomipapaさんのご提案で、
三頭山アタックは見送ることに。
10月のハセツネに向けてせっかくの試走
なのに申し訳ない思いで一杯。。。

DVC00921_convert_20110815041931.jpg
※食べられるのか?(^^)

バス停方面に下り、
舗装路に出たら、左折して、
15分くらい行くと、
三頭山荘に着く。
そこで温泉を楽しんだ。

走行距離約13キロ。3時間。


DVC00923_convert_20110815042111.jpg

DVC00924_convert_20110815042211.jpg

なんでも東京都で標高が一番高い
温泉だそうだ。

眺望が非常によく、露天もある。
あっという間に痛み・疲れがとれていく。
(距離が短かったので、さすがに疲れはあまりなかった。)

体重も4キロ減。
2リットル強も水分補給したにも関わらずだ。
汗かき体質なので、発汗量が半端でない。
ダイエットするなら、トレランがおススメ♪


バスの時間の関係で、昼食はお預け。
ジョグでバス停に向かう。
温泉が効いたのか、フラットな道なら
あまり問題なく走れるようになった。


バスで武蔵五日市駅に行き、
拝島駅で、nozomipapaさんとお別れ。
nozomipapaさんのお心配りと的確なコーディネートに
謝意を表し、9月半ばに、今度は、もっと長い距離を
試走することを約す。
今度は、怪我は完全に治して臨むぞ!

さっそくハセツネコースDVDも注文したし。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
帰宅後、相鉄線緑園都市駅近くの
「ベルデュール」のマンゴージュレを食す。
1個315円と値が張るだけあって、
洗練されたおいしさ。

このお店は、横浜で指折りクラスの
スイーツの名店。
来店客が間断ない。

今度、ブログでも紹介したい。

DVC00925_convert_20110815042751.jpg
[ 2011/08/14 19:56 ]

| トレラン | コメント(4) | トラックバック(0) |
三浦半島 大楠山トレラン
首都圏トレイルランニングコースガイド」おススメコースの第三弾。
今回は横須賀線 衣笠駅スタートのお手軽トレランコース。

まずは衣笠山公園を目指す。
日本桜の名所百選とのこと。
春、桜咲くころ壮観だろうな!

DVC00803_convert_20110808053411.jpg


天気は今ひとつだったが、展望はなかなかのもの。


衣笠城址あたり。
蛍が生息するらしい。

DVC00809_convert_20110808053816.jpg

笹叢があり、湿度も高く、確かに蛍の生息には
適しているようだ。
横浜舞岡公園で、蛍保全のボランティアの仕事を
していたことがあり、蛍センサーが反応。(^^)

大楠山をめざし、いったん舗装路に出るが、
今回も迷子になってしまった。。。

舗装路に出て数百メートル進むと、
このような分岐がある。
左の舗装路に進んでしまったが、実は、
真ん中の山道が正解!!!

DVC00813_convert_20110808054004.jpg

DVC00814_convert_20110808054142.jpg

DVC00815_convert_20110808054236.jpg


ちょっとわかりづらいので、ご注意くだされ。(^^)



気を取り直して、
右手にゴルフ場を見ながら、少しずつ登っていく。

そして大楠山頂上。
標高242メートルとお手軽な山。
しかも眺めが抜群!!!
今回のコースは起伏が少ない割に眺望を思う存分楽しめる点が
とってもおススメ。

DVC00818_convert_20110808054335.jpg

DVC00820_convert_20110808054426.jpg


前田川コースを選択して、山下り。
泥岩は滑りやすいのでご注意を!!

そして、夏は、川中コースがいい!
(舗装路も並行してあり。)
たくさんの家族連れが、川遊びを楽しんでいた。

DVC00829_convert_20110808054525.jpg

DVC00830_convert_20110808054636.jpg
※大楠山を振り返る。



舗装路に出て、本日の本当の?(^^)目的地、
関口牧場を目指す。
ソフトクリームがおいしいと評判!

ガイドとは少し違うコースだが、
佐島入口の交差点を左に折れ、道なりに
600~700メートル進むと
広い道につきあたる。
ここを右折。
あとは、ひたすら直進。

DVC00837_convert_20110808055116.jpg
※右折する。


舗装路は暑い!
しかも登り基調で、段々ヘロヘロに。
ただただ何味のソフトクリームかを楽しみに
ランニングだ。。。


右手に赤い屋根が。
「あった~!」

全57種のフレーバがあり、3日ごとに変わる
そうだ。今日はかぼちゃだった。

「マンゴーがよかった。。。」とちょっとブルーに
なるが、おおぶりのソフトにむしゃぶりつく。
そして緑茶をがぶ飲み。
ソフトクリームに緑茶は最高の相性!!!

DVC00832_convert_20110808054828.jpg


地元の人たちがひっきりなしに買いに来ていた。
有名なんですねえ。

食後、牛さんたちを訪問。
「こんなにおいしいソフトクリームをありがとう!」
とお礼を言って、牧場を去る。

DVC00834_convert_20110808054959.jpg


少し元気になって、
佐島入口バス停までランニング。

交差点の信号待ちで、逗子駅行バスが目の前を
通り過ぎていく。
「まってえ~」と、最後の力を振り絞って
ダッシュ!!! 体感速度キロ3分。
実際はたぶんせいぜいキロ5分。(^^)

何とか間に合った。(^^)
バスの中はきんきんに冷えており、
あわてて一枚ほおる。
乗り物対策として、真夏でもはおるものは
一枚持っていったほうがいい。
汗冷えして風邪ひいてしまうので。

走行距離約20キロ。約3時間。

さて、次回はどのコースにチャレンジしてみようかなあ。
[ 2011/08/08 05:21 ]

| トレラン | コメント(10) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。